人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓よろしければ、興味があるジャンルをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 中津情報へ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
 

スパニッシュモス
ウスネオイデス

エアープランツ

名称:チランジア・ウスネオイデス
和名:サルオガゼモドキ
学名:Tillandsia usneoides
科名・属名:パイナップル科チランジア属
分類:非耐寒性常緑多年草
原産地:南米、アメリカ南部
花言葉:不屈

管理上の注意 
特徴的な外見から非常に人目を引き、また人気のあるチランジアの1種。
下垂して伸びていくので吊るして栽培する。
風にたなびく姿がまさにエアプランツの名前の通りである。
基本的に栽培は容易であるが、原産地により葉の太いも
細いもの、長いもの、カールがかったものなど様々。
水を好むので、乾燥するような場所での管理は厳禁。
特に、エアコンなどの乾いた風を直接当てないようにする。
特に細葉のタイプは乾きやすいので小まめな灌水が必要である。
置き場所としては明るく、自然の風通しがあり適度な湿度がある場所が理想的。
成長期の春から秋は戸外で木に吊るしておくなどするとよく成長する。
寒さには比較的強いが、霜、雪などには耐えられないので冬場は室内に取り込む。
sIMG_3817.jpg



↓よろしければ、興味があるジャンルをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 中津情報へ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
 

キセログラフィカ

エアープランツ

別名:チランジア
科・属名:パイナップル科チランジア属
原産地:中南米
分類:常緑多年草、着生植物
花言葉:言いなり

土なしで生きる不思議な植物

エアプランツの中でも「王様 」の愛称で
呼ばれることもあるキセログラフィカ。
銀葉種ならではのシルバーがかった緑。
葉が大きくカールしたボリュームのある
エレガントな容姿。

ベロアのようなうぶ毛が株全体を覆っていて、
光があたるとほのかに輝きます。
メキシコやグァテマラなど、中南米の比較的
標高の低い地域で樹上、岩などに
着生している植物です。
ワシントン条約で取引が規制されている
希少種です。
今は、簡単に手に入りますが
そのうち出回らなくなるかもしれません。

日常の手入れ
霧吹きでの葉水と、湿度管理が重要です。
多湿により蒸れると株元が腐ってきます。
また、トリコーム(表面を覆う白い毛)が
剥がれやすいので、
優しく取り扱うとよいでしょう。

水やりについて
週に1~2回 ※夕方~夜に霧吹きを行います。
自生地では降雨や霧などによって十分を
得ています。
なので、ご自宅でも水やりの時には完全に
濡れているくらいにたっぷりと与えます。

置き場所について
日光をこまめに当てれば生長が促されますが、
直射日光は葉焼けを起こし、枯れる原因に
なってしまうので注意してください。
やや明るい光を好みますので、室内の中心部や
レースのカーテン越しの窓辺・遮光した戸外などに
置くと良いです。

sIMG_3799.jpg
sIMG_3798.jpg



↓よろしければ、興味があるジャンルをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 中津情報へ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
 

エアープランツ

土なしで生きる不思議な植物

別名:チランジア
科・属名:パイナップル科チランジア属
原産地:アメリカ南部から南米やアルゼンチン
分類:常緑多年草、着生植物
花言葉:言いなり

普通の植物は、土から養分や水を吸収して
成長しますが、エアープランツはその名の通り
空気中の水分や窒素などを吸収して成長する植物です。
葉も花も形も種類によって様々なものがあり、
約2500種類以上あると言われています。

から養分を吸収しないエアープランツは、
他の観葉植物とは育て方(管理方法)が違います。
大きく分けて二種類あり、葉が白い毛(鱗片)で
覆われている銀葉系と、葉がツルツルとして緑色の
緑葉系に分かれます。
銀葉系は乾燥した環境を好み、緑葉系は
ある程度湿気のある環境がよいでしょう。
どちらも、育て方や水やりの回数など大幅な
違いはありません。

エアープランツは夜間に葉から水分を吸収します。
昼間は気孔が閉じています。そのため、
夕方から夜間に水を与えるのが理想的です。
水のやり方は大きく分けて2つの方法があります。

霧吹きを使い葉全体をまんべんなく湿らせる
ミスティングという方法と、バケツなどに
室温にした水を張りエアープランツを丸ごと浸す
ソーキングという方法があります。

ミスティングは、週1〜2回を目安に、乾燥する
季節などは少し回数を増やすようにしましょう。
ソーキングは、1ヶ月に1回くらいで、4〜6時間
程度行って下さい。
梅雨時期など湿度の高い時期は、ソーキングは
不要です。
そして、どちらも夜間に行いましょう。

エアープランツは、非常に丈夫な植物で38度くらいの
高温な環境から0〜5度 くらいの低温な環境でも
生息できると言われています。しかし、湿度の
高い状態が続くと腐ってしまう場合があります。
ソークキングの後に、株の中心部分などに水が
たまったままにならないように、逆さまに吊るしたりして
乾燥させましょう。
sIMG_3380.jpg
sIMG_3381.jpg
sIMG_3379.jpg
コアラとパンダ



↓よろしければ、興味があるジャンルをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 中津情報へ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
 

エアープランツ

土なしで生きる不思議な植物

別名:チランジア
科・属名:パイナップル科チランジア属
原産地:アメリカ南部から南米やアルゼンチン
分類:常緑多年草、着生植物
花言葉:言いなり

普通の植物は、土から養分や水を吸収して
成長しますが、エアープランツはその名の通り
空気中の水分や窒素などを吸収して成長する植物です。
葉も花も形も種類によって様々なものがあり、
約2500種類以上あると言われています。

から養分を吸収しないエアープランツは、
他の観葉植物とは育て方(管理方法)が違います。
大きく分けて二種類あり、葉が白い毛(鱗片)で
覆われている銀葉系と、葉がツルツルとして緑色の
緑葉系に分かれます。
銀葉系は乾燥した環境を好み、緑葉系は
ある程度湿気のある環境がよいでしょう。
どちらも、育て方や水やりの回数など大幅な
違いはありません。

エアープランツは夜間に葉から水分を吸収します。
昼間は気孔が閉じています。そのため、
夕方から夜間に水を与えるのが理想的です。
水のやり方は大きく分けて2つの方法があります。

霧吹きを使い葉全体をまんべんなく湿らせる
ミスティングという方法と、バケツなどに
室温にした水を張りエアープランツを丸ごと浸す
ソーキングという方法があります。

ミスティングは、週1〜2回を目安に、乾燥する
季節などは少し回数を増やすようにしましょう。
ソーキングは、1ヶ月に1回くらいで、4〜6時間
程度行って下さい。
梅雨時期など湿度の高い時期は、ソーキングは
不要です。
そして、どちらも夜間に行いましょう。

エアープランツは、非常に丈夫な植物で38度くらいの
高温な環境から0〜5度 くらいの低温な環境でも
生息できると言われています。しかし、湿度の
高い状態が続くと腐ってしまう場合があります。
ソークキングの後に、株の中心部分などに水が
たまったままにならないように、逆さまに吊るしたりして
乾燥させましょう。
sIMG_3377.jpg
sIMG_3376.jpg



↓よろしければ、興味があるジャンルをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 中津情報へ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
 

エアープランツ

土なしで生きる不思議な植物

別名:チランジア
科・属名:パイナップル科チランジア属
原産地:アメリカ南部から南米やアルゼンチン
分類:常緑多年草、着生植物
花言葉:言いなり

普通の植物は、土から養分や水を吸収して
成長しますが、エアープランツはその名の通り
空気中の水分や窒素などを吸収して成長する植物です。
葉も花も形も種類によって様々なものがあり、
約2500種類以上あると言われています。

から養分を吸収しないエアープランツは、
他の観葉植物とは育て方(管理方法)が違います。
大きく分けて二種類あり、葉が白い毛(鱗片)で
覆われている銀葉系と、葉がツルツルとして緑色の
緑葉系に分かれます。
銀葉系は乾燥した環境を好み、緑葉系は
ある程度湿気のある環境がよいでしょう。
どちらも、育て方や水やりの回数など大幅な
違いはありません。

エアープランツは夜間に葉から水分を吸収します。
昼間は気孔が閉じています。そのため、
夕方から夜間に水を与えるのが理想的です。
水のやり方は大きく分けて2つの方法があります。

霧吹きを使い葉全体をまんべんなく湿らせる
ミスティングという方法と、バケツなどに
室温にした水を張りエアープランツを丸ごと浸す
ソーキングという方法があります。

ミスティングは、週1〜2回を目安に、乾燥する
季節などは少し回数を増やすようにしましょう。
ソーキングは、1ヶ月に1回くらいで、4〜6時間
程度行って下さい。
梅雨時期など湿度の高い時期は、ソーキングは
不要です。
そして、どちらも夜間に行いましょう。

エアープランツは、非常に丈夫な植物で38度くらいの
高温な環境から0〜5度 くらいの低温な環境でも
生息できると言われています。しかし、湿度の
高い状態が続くと腐ってしまう場合があります。
ソークキングの後に、株の中心部分などに水が
たまったままにならないように、逆さまに吊るしたりして
乾燥させましょう。
sIMG_3338.jpg
sIMG_3339.jpg
sIMG_3336.jpg



↓よろしければ、興味があるジャンルをクリックしてください
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 中津情報へ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


template and material by HPテンプレート素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。